JK(4年目)

Let's get "あと1センチ"

どうしても3人で歌いたかった曲

 

あんまり行った公演のこととかは書くタイプじゃないし書きたく無い派だけど、これだけは書きたかったのでとくべつに。

 f:id:hp0v0hp:20170725125256j:image

 

 

 

  

キントレのKINGハイB公演、行ってきました。

今回のライブが始まる前、テレビ誌でれんくんが「今回どうしても、3人で○○○○が歌いたくて」と発言していました。

 f:id:hp0v0hp:20170725125238j:image

れんくんにしてはこういうの珍しい。読んで字の如し、この頃は(この曲をやりたい!っていうのに関して)欲が無い人だと思っていたので。昔やった曲でまたやりたいのがあるのか、それとも先輩の曲で歌いたいのがあるのか。ドキドキしながら、見に行く日までセトリ回避しつつ過ごしていました。

 

 

 

迎えたライブ当日。れんくんがどうしても3人で歌いたかった曲は、NEWSの「Share」でした。

アンコール前、ライブ本編での一番最後の曲。ピアノのイントロが流れてきた時、あたまのなかで「あれこれなんだっけ聞いたことある」「なんだっけ」「Shareだ、NEWSだ」って自己解決して。むかしNEWSが大好きだった時からこの曲は大好きだったし、4人になったときのアルバムの投票にも入れた気がする。しょうくん、れんくん、かいちゃんの順で繋いでいってサビでソロになって、気づいたら泣いてた。

この歌を "どうしても" 、"3人で" 歌いたかったなんて。ずるいなあ。歌詞を3人に照らし合わせたら心がいっぱいになった。

 

 

 

数えきれない出会いの中で3人は出会ったね。そして同じグループという仲間になったね。気づけば3年以上も一緒にいるね。

いつの間にか歳を重ねて、しょうくんは二十歳にもなったしみんな立派な大人だね。

3人が混ざり会えない日もあったかもしれないけど、一人一人が持つ色がカラフルで鮮やかなマーブルを描いてきたよね。

3人のステージは、3人とお客さんが一緒になって作り上げたよね。たくさんのありがとうをくれたね。嬉しい気持ちがこっちにまでバレバレだったし、はしゃぎすぎちゃったのもヤレヤレだけどいい思い出だよね。

すれ違ってく時間の中で3人はなんで出会えたんだろう。同じ星、すなわち照らしてくれるものが一緒ならそれだけでいい。

 

 

 

何回でも言うけどこれを本編ラストにもってくるのはずるい。今このタイミングでこの曲を歌ったことに意味がある、そう感じさせてくれるライブでした。過去を踏まえての今を連想させる構成だったし、パフォーマンスも彼らの良い意味での余裕と決意を感じた。

やっぱり私は廉くんもすきだし、きんぐも好き。どこまでもついていきたいし応援し続けたい。Shareの歌詞みたいに、いつまでも3人のことを照らしつづけるファンでありたいな。そう思いました。